ショップ紹介

海外通販でもショップにも色々あります。

  • 日本語サポートなどカスタマーサービスが充実したショップ
  • (日本語サポートがない)通常のショップ
  • ブランド直営のオンラインショップ

大きく分けるとこのような感じかと思います。

日本語サポートなどカスタマーサービスが充実したショップ

Home」で海外通販の魅力、「購入に関して」で購入方法、「関税などの諸経費について」で関税の計算方法についてご説明しました。読んでいただけましたでしょうか?慣れてしまえば何も問題は無いと思いますが、言葉の問題などに不安に感じ、やっぱり止めとこうかなと二の足を踏んでいる方もいらっしゃると思います。まずは手始めに日本語のサポートセンターや拠点があるショップから購入してみてはいかがでしょうか?

ただ、カスタマーサービスが良いということは、多少なりとも価格が高くなってしまう傾向があります。日本にサポートセンターを設置したり、日本語が出来るスタッフを雇ったりしているので仕方ないですね。

それだけの投資が出来るということは規模の大きなショップですので、セールでの割引も大きい場合があるので、英語が出来る方もチェックして損はないです。

「日本語のカスタマーサポートがあるショップ」「関税・消費税込み価格のショップ」

 

スポンサードリンク




 

(日本語サポートがない)通常のショップ

ほとんどのオンラインショップが、英語と現地語の表記となっています。「日本語サポートなどカスタマーサービスが充実したショップ」と比べると安いです。自己都合での返品は大きさ、重さにも依りますが、EMS等で送ると2,000円以上は掛かってしまいます。さらに、関税・消費税の還付は手間がかかりますので、日本で人気のアイテムならヤフオクやメルカリなどのオークションで売るのも一つの手だと思います。

→ショップ一覧

ブランド直営のオンラインショップ

日本の輸入代理店との契約が無いブランドや日本でそれほど大きく展開されていないブランドは日本に発送してくれます。日本に発送出来ないブランドの場合、日本の国内価格と比較して価格差が大きいなら「輸入代行会社」を利用しても良いです。

→ブランド直営のオンラインショップ

スポンサードリンク




スポンサードリンク




2016/12/22